漬物のおつまみ

日本の食卓

漬物はヘルシーおつまみ!

夏になると飲みたくなるビールなどの冷たいお酒。
そのお供として色々なおつまみがありますが、揚げ物や炭水化物などは太りやすいのでカロリーが気になる人は避けたいところです。
そこで、ダイエット中にも楽しめるヘルシーなおつまみとして人気なのが、お漬物です。
一口にお漬物といっても色々な種類があります。
浅漬けやぬか漬け、ピリ辛のキムチ漬けやおしゃれなピクルスなど色々な味付け・雰囲気のものがあるので、合わせるアルコールによって選べます。
また、そのまま食べるだけでなく簡単なアレンジでより美味しく食べることもできます。
浅漬けにイカのくん製をまぜあわせたり、キムチ漬けにはクリームチーズをトッピング、ピクルスにはスモークサーモンやオイルサーディンを加えるなど、さらにアルコールが進むような組み合わせも可能です。
オイルが入っていないものがほとんどなので、ヘルシーなおつまみとしてお酒が進む季節には特におすすめできます。

漬物をおつまみとして楽しむ!

漬物は、日本の伝統的な食事の一つであり、本来ではメインになることはないのですが和食では欠かせないものでもあります。
箸休めとして食べられることが多いのですが、最近ではお酒のおつまみとしてメインに漬物を食べるという人も多く存在しています。
そういったこともあって、レシピサイトやレシピ本には漬物を使ったアレンジレシピなどが掲載され始めています。
普通に食べても、塩辛いために十分おつまみとして最適なのですが、ごま油などで和えるだけでだいぶ変わってきます。
普通では、箸休めとして食べることが多い食品なのですが、メインで食べるということもあって、見えなかった部分も見えてきます。
飲むお酒に酔って種類は変わってくるのですが、日本酒が基本です。
しかし、オリーブオイルや鷹の爪と和えることによってワインやビールにも合うようなおつまみを作ることが出来るのです。
自分のアレンジ次第で、レシピを作ることができるために便利です。

Valuable information

Last update:2017/12/25

COPY RIGHT (C) 日本の食卓 ALL RIGHT RESERVED