漬物の食べ方

日本の食卓

漬物は漬け込み材料によって様々な種類が生まれる

漬物は、食材を塩や酒粕、場合によっては酢などの漬け込み材料と一緒に漬けることで、風味を変え保存に適したものとして作られた食べ物のことです。
ポイントとなるのは漬け込み材料で、これをいっしょに入れることで空気を遮断したり、浸透圧を起こしたりして、保存性や風味を高めています。
また、漬けている過程で起こる化学反応が味を変化させるタイプのものもあり、多種多様なものが存在しています。
漬け方は主に漬け込み材料に何を使うかによって分類されることが多いです。
例えば、塩漬けは塩、しょうゆ漬けはしょうゆ、粕漬けは酒粕などが漬け込み材料になります。
中には、砂糖を漬け込み材料につかう砂糖漬けもあります。
漬物の名称として有名なものとしては、野沢菜漬け、千枚漬け、福神漬け、一夜漬けなどが挙げられますが、日本のそれぞれの地方には独特の漬物があるケースもあり、旅行で各地を訪れた場合には、それぞれの土地の味を楽しむことができるでしょう。
特に、冬の厳しい地方は、冬の間の食糧の確保のため保存食として古くから親しまれていた関係で、多くの種類が存在しています。
また、漬けるもとになる材料も郷土でとれるものが使われますのでバリエーションも豊富です。

漬物の食べ方はいろいろです

ひとくちに漬物といっても、日本各地いろいろな漬け方があり、たくさん製品化、商品化されていると思います。
ポピュラーなものでは大根を干して漬け込む沢庵、糠に漬け込む糠漬け、冬の葉野菜代表格の白菜漬け、今の時期なら梅を干して漬け込む梅干しや、甘酢にちょっと辛味を加えて漬け込むラッキョウ漬けなどがあります。
また、漬け込む野菜が産地、名産になっているとその野菜を使った漬物が特産品や喜ばれる土産物になったりします。
京都のしば漬け、長野の野沢菜などは有名です。
他にも他の料理の付け合わせ、箸休めのような役割もあります。
寿司におけるガリ、カレーライスの福神漬け、焼きそばやラーメン等の紅ショウガなどは、肝心の料理よりそちらをたくさん食べてしまうと言う人もいるくらいだそうです。
また、アレンジ次第では料理に使える具材にもなります。
白菜漬けを刻んで鰹節やちりめんじゃこと一緒に和えて、ご飯に乗せてお茶をかけるとお茶漬けになります。
紅ショウガはお好み焼きの具材ですし、地域によっては刻み沢庵をお好み焼きに入れるところもあります。
豆腐と合わせてサラダにするレシピもあります。
このように、漬物は日本食の中でも一番用途が広いと思いますので、日本食代表としてもっと世界の人々に発信してもいいのでは、と思います。

pickup

金 買取 宇都宮
http://utsunomiya.otakaraya.net/
堺市 歯医者
http://www.takagi-d.com/
カプセルホテル 東京
http://kitasenju-capsule.com/
脂肪溶解注射
http://www.drandy.com/mesotherapy/
韓国 整形
http://navi-kr.com/
五反田 歯科
http://mitsuma-dental.com/
自分で簡単に出来る?絆創膏で包茎を治す方法
http://www.nayami-go.com/%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%82%A9%E3%81%BF/241/
住宅ローン 相談
http://www.ricmortgage.com/

2016/9/23 更新

COPY RIGHT (C) 日本の食卓 ALL RIGHT RESERVED